キャッシングの賢い利用の仕方



キャッシングはお金を借りるというサービスで、利用するのに少し抵抗があるという方もいると思います。ですが、最近ではこう した方でもキャッシング即日の利用をぜひお勧めしたい利用の仕方があります。それは家電量販店での買い物です。

家電量販店で買い物をした事がある方はご存知だと思いますが、購入方法によって商品の価格が異なります。お店もなるべく現金で支払ってもらった方が直接お店にお金がすぐに入るため有り難いのです。

そのため、現金で支払ってもらえるお客様は現金特価という形でクレジットカードでの支払いよりも安くなる事がよくあります。 また、家電量販店はポイント制を導入しているお店も多いですが、ポイント率もクレジットカードで支払うと数%落ちてしまう のが一般的です。

こうした時にキャッシングを使うと、実はとてもお得に買い物ができるのです。5万円以上などの高額な家電の 購入の場合、数%のポイントの差でも比較的大きな額の違いになってきます。

こうした時にキャッシングで先に借り入れを行い、現金払いで支払いをします。自分で今支払える分は極力出して、キャッシングで 苦しい分を補うようにすると利息をさらに抑えられます。

こうして現金特価で購入をし、早いうちに返済をすれば 1週間程度の借り 入れなら利息で数百円程度となり、クレジットカードを利用するよりもお得に購入できるのです。これはキャッシングを賢く使った 例で、キャッシングをこれまで利用してこなかった方にもお勧めの使い方です。

最近は税金なども徐々に上がっており、なるべく節約したい、お得に買い物をしたいという方は多くなっています。こうした時に 上記の使い方は大きく役に立ってくれるので、ぜひ利用してみる事をお勧めします。

借り入れというと10万円単位で行わないと いけないのではと考える方もいますが、金融機関によっては1万円からの小額な借り入れにも対応しています。こうした小回りの 利く使い方ができるのがキャッシングのメリットなので、有効活用していきましょう。

キャッシングが利用できるまでの流れ

キャッシングに申し込む前に準備する物や利用方法を知っておくとスムーズです。

まず、どれくらいの融資を希望しようかと考えると思いますが、お金を借りる以上は返す必要があるので必要以上のお金を借りるのは得策とは言えません。

それに、借入額を決める時には毎月の返済額を踏まえて考える必要があるので、自分自身にどれくらいの返済能力があるのかを知っておいたほうが月々の返済額を決めやすくなります。

業者を選ぶ前に借入金額を決めておくといいでしょう。

小口なら業者選びに苦労しないかと思いますが、大口の融資を希望する場合は利用限度額に余裕がある業者を選ぶ必要があります。

先に借入金額を決めておいたほうが回り道をせずに済むというわけです。

申し込みや審査の時に必要になる書類ですが、本人確認と収入を証明できる書類が必須であることはほとんどです。

場合によっては収入証明の提出が求められないことがありますが、本人確認ができる書類は必ず必要になるので、準備を忘れないようにしたいところです。

本人確認書類として認められるものには、運転免許証や保険証、年金手帳、パスポート、住基カードなどがあります。 収入証明は確定申告書や源泉徴収票、課税証明書、給与証明書、税額通知書などです。

業者によって必要な書類が異なるので注意しましょう。

審査では信用情報が確認されることになるので、以前にキャッシングやクレジットカードを使った時に何らかの問題が発生したことがある場合は審査に落ちる可能性があります。

また、信用情報には現在の借入件数と金額も載っているので、申込書に嘘を書くとすぐにバレてしまいます。 申込書に借入件数と総額を書く時には正確な情報である必要があるので気を付けなくてはいけません。

キャッシングの利用方法は至って簡単で、振込かATM、窓口でお金を受け取ることができます。 専用ATMなら手数料が発生しませんが、コンビニなどの提携ATMの場合は手数料が発生します。

カードローンを借り換える時の審査基準と総量規制の問題

高金利から低金利のローンに借り換えたり、おまとめローンで一本化して金利を低くするなど、低金利のカードローンに借り換えることで現在の返済負担を軽減することが可能です。

ただし、借り換える時も審査があるので、審査にクリアしなければ利用することはできません。

「ローンを一本化したい」「金利が低いローンに借り換えたい」と考えている方がローンの借り換えを検討しているかと思いますが、審査の基準が厳しいことを覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

おまとめローンに借り換えて複数社から借りたお金を一本化する場合、限度額が高くなってしまうので、限度額が高くなるほどに審査の基準も厳しくなりますし、銀行などの低金利のローンに借り換える場合は、金利が低いところほど審査に通りにくいと言われています。

審査に通りにくいとなると、ついつい嘘をつきたくなってしまうものですが、嘘をついてもバレるだけですし、正直に話したほうが審査に通りやすくなります。

勤務先や年収を偽ったり、実際の借入件数よりも少なめに言ったところで、結局信用情報を見ればそれが本当か嘘かわかってしまうので、ありのままを申告すべきです。

審査をする上で重視されるのは『借り換え時に必要な額』『借入件数』『現在の職業と勤続年数』『年収』です。

次に、カードローンを借り換えると必要な額が大きくなるので、総量規制の影響を受けない銀行系のカードローンを選択する人が多いようですが、限度額に収まっているのであればあまり気にしなくていいでしょう。

それに、総量規制によって年収の1/3以上の借入ができないことになっていますが、顧客側に有利な借り換えは例外と定められているので、年収の1/3以上の借り換えを希望している場合は「借り換え」をアピールすることで審査に通りやすくなることがあるようです。

とはいえ、消費者金融は銀行よりも金利が高い傾向にあるので、まずは銀行に相談したほうがいいかもしれません。
茨城県信用組合

ページの先頭へ